日本で最も処方量が多い抗生物質とは

病原微生物の体内におけるはたらきや増殖を抑えて感染症を治療するのが「抗生物質」と呼ばれる種類の医薬品です。イギリス人のフレミング博士が、1928年にアオカビから発見した「ペニシリン」が、世界で最初の抗生物質であり、その後の数々の研究によって改良が重ねられ、感染症治療に不可欠のものとなっています。
こうした抗生物質にはいくつかの種類があり、「ペニシリン系」の抗生物質はもっとも基本的なものといえますが、これは病原細菌の細胞壁合成を阻害することによって、すぐれた殺菌作用をもたらすタイプのものです。ヒトの細胞には細胞壁が存在しないため、病原細菌に対してダイレクトにはたらきますが、逆に細胞壁を持たないマイコプラズマなどには効果がありません。
「セフェム系」は、抗生物質としては最も使用頻度が高いもので、作用のメカニズムなどは「ペニシリン系」とほぼ同様ですが、さらに適応症が広いのが特徴です。
これらと異なるメカニズムをもつ「マクロライド系」は、細菌のタンパク質合成を阻害することで、増殖を抑えるはたらきをもつもので、製品名ジスロマックなどが代表的です。「ペニシリン系」および「セフェム系」が効かないマイコプラズマやクラミジアにも有効という特徴があります。
ジスロマックは、いわゆる「処方箋薬」として、国内の薬局では医師の処方箋がないと購入できず、通販なども行われていません。ただし、ジスロマックを海外から個人輸入することは可能であり、最近では通販とほぼ同様の感覚で購入できる専用のウェブサイトも登場しています。
注意点としては、純然たる通販ではなく、あくまでも個人輸入であるため、税関への証明書提出などの手続きが不要なのは、1か月分程度の分量に限られるということです。